住宅エコポイント制度

経済対策として、環境・安全・安心の政策を柱とした2010年「住宅エコポイント制度」開始!
国の住生活基本法制定。国の住宅政策は住宅ストック重視へ。

家電エコポイント・エコカー減税に続いて、2010年「住宅版エコポイント」がスタートしました。
平成18年度制定の「住生活基本法」に基づいて、国の住宅政策は、長期間使用する住宅「ストック重視」へ
政策を強化しています。経済の活性化・地球温暖化対策として「住宅エコポイント」が始まりました。
(新築・リフォームにも適用)

住宅エコポイントは「窓」「天井・壁・床の断熱」「バリアフリー」対策が基本です。

最大300,000ポイント(1p/1円で換算)さらに他の工事への即時交換もできます。


 住宅エコポイント制度の概要

ポイント発行対象となるエコリフォーム 〜2010年〜
A. 窓の断熱改修 ガラス交換・内窓の設置・外窓の交換


内窓の設置・外窓の交換
ガラスの交換
面積
ポイント(1箇所)
面積
ポイント(1箇所)
2.8u以上
18,000ポイント
1.4u以上
7,000ポイント
1.6〜2.8u未満
12,000ポイント
0.8〜1.4u未満
4,000ポイント
0.2〜16u未満
 7,000ポイント
0.1〜0.8u未満
2,000ポイント
内窓または・外窓のサッシの枠外寸法を測定
*ガラス交換はガラス寸法1枚当たりにポイント
住宅エコポイント制度の概要
内窓の設置 サンプル
窓枠の内側に内窓を
設置する
. 外壁・屋根・天井・床の断熱改修
施工部位別ポイント数
外壁
屋根・天井
100,000ポイント
30,000ポイント
50,000ポイント

. バリアフリー改修を行った場合
「A.窓の断熱改修」や「B.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」と一体的に行うバリアフリー改修を対象とします。
※具体的な施工内容は、原則バリアフリー改修促進税制の取扱いに準じます。
施工内容
ポイント数
手すりの設置
浴室・便所・洗面所
5,000ポイント
居室・廊下・階段
5,000ポイント
段差解消
玄関・勝手口
5,000ポイント
浴室・浴室以外
5,000ポイント
幅の拡張
通路の幅を拡張
25,000ポイント
出入口の幅を拡張
25,000ポイント
住宅エコポイント制度の概要

 住宅エコポイント 最大300,000ポイント+所得税最大200,000円減税

住宅ローンを使用して要件を満たす新築・取得・増改築工事等をおこなった場合、住宅ローン等の年末残高の1%が10年間にわたって所得税額から控除されます。   住宅リフォームに関する減税制度

住宅取得資金における贈与税の非課税制度
自己の居住の用に供する住宅について新築や取得だけでなく、増改築等のための資金等を父母や祖父母など直系尊属からの贈与により取得した場合において、一定の条件を満たすときは、その住宅取得等資金のうち、平成22年中は1500万円、平成23年中は1000万円までの金額について贈与税が非課税となります。
(ただし、適用対象者の合計所得額が2000万円以下の場合に限られます)